我々の歴史

MAROは1978年にアルゼンチン国ブエノスアイレス州カセロス市にて、小型・中型のプレス部品、溶接組立品及び座席のフレームの製造業社として、マヌエル・ロドリゲスによって設立されました。

1995年、Toyota Argentinaを顧客に迎え、1997年の最初期生産時から今日までHilux型の部品を納めています。

2008年、散在するMAROの生産拠点を1つに統合し運用コストを改善するべく、バラデロ市に移転するという戦略的決定が下されました。 2010年、MAROは電着塗装と粉体塗装のプロセスを追加し、新しい顧客としてフォルクスワーゲンアルゼンチンを迎えました。 戦略は成功をおさめ、2011年にMAROがToyota Argentinaから最優秀サプライヤーとして表彰されたほどです。 Daimler Argentina、Volvo Trucks、そして最近ではHonda Argentinaなどの新規顧客を追加し、持続的な成長の道を邁進しています。

お問い合わせ